【2022年9月更新】縦・ドラム式洗濯機売れ筋ランキング【2022年9月更新】ノートパソコン売れ筋ランキング
家電

【2022年発売】東芝タテ型洗濯乾燥機を前モデルと比較

東芝 タテ型洗濯乾燥機 2022年発売 前モデル比較家電

こんにちは、けた(@keta20131215)です!

今回は、けたろぐにお越し頂きありがとうございます!

今回はこのような悩みを解決していきます。

東芝 全自動洗濯機 2022年発売 前モデル比較
東芝のタテ型洗濯乾燥機が気になる人
・東芝の2022年発売のタテ型洗濯乾燥機新製品はどんな機種?
・前モデルと何が違うの?

東芝の新型タテ型洗濯乾燥機は2022年4月21日発表、5月以降発売となってます。

追記
2022年8月発売予定で2機種追加しています

 

この記事で分かること
    • 東芝の2022年発売新型タテ型洗濯乾燥機の新機能+人気機能紹介
    • 2022年5月以降発売と東芝タテ型洗濯乾燥機と前モデルの違い

けた
けた
ちなみに私は、家電量販店で15年以上働いていて家電アドバイザーの資格を持っています。

家電量販店なら安心

ヤマダで洗濯機を見る

洗濯機売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


スポンサーリンク

2022年5月以降発売東芝タテ型洗濯乾燥機の新機能とおすすめ機能紹介

東芝 タテ型洗濯乾燥機 2022年発売 前モデル比較

ここでは、東芝新機種に追加された新機能(変更点)と人気機能を紹介していきます。

新機能がどの機種に搭載されているかは下記の表を参考にして下さい。

現在作成中の為、しばらくお待ちください
スポンサーリンク

2022年5月以降発売東芝タテ型洗濯乾燥機と前モデルの違い・口コミ評判は?

東芝 タテ型洗濯乾燥機 2022年発売 前モデル比較

 

2022年5月以降発売の東芝タテ型洗濯乾燥機は次の1機種です。

※2022年8月発売予定で2機種追加

型番AW12VP2AW10VP2AW8VM2
洗濯容量/乾燥容量12kg/6kg10kg/5kg8kg/4.5kg
タッチパネル
洗剤自動投入
温水
スマホ連動
自動槽洗浄
乾燥方式ヒーターヒーターヒーター
洗濯水量約139L約119L約93L
洗乾水量約120L約110L約89L
洗濯時間約43分約35分約39分
洗濯~乾燥時間約210分約170分約195分
運転音(洗濯/脱水/乾燥)29/37/45dB29/37/45dB26/37/45dB
幅/奥行/高さ(mm)637/650/1107637/650/1042600/605/1021
洗濯コスト約38円約32円約26円
洗濯~乾燥コスト約107円約94円約83円

では、前モデルとの違い、ラインナップの違いを説明していきます。

東芝2022年発売 タテ型洗濯乾燥機 新ラインナップAW12VP2(AW-12VP2)と現行モデルAW10VP2(AW-10VP2)の違い【口コミ・評判は?】

型番AW12VP2AW10VP2
洗濯容量/乾燥容量12kg/6kg10kg/5kg
タッチパネル
洗剤自動投入
温水
スマホ連動
自動槽洗浄
乾燥方式ヒーターヒーター
洗濯水量約139L約119L
洗乾水量約120L約110L
洗濯時間約43分約35分
洗濯~乾燥時間約210分約170分
運転音(洗濯/脱水/乾燥)29/37/45dB29/37/45dB
幅/奥行/高さ(mm)637/650/1107637/650/1042
洗濯コスト約38円約32円
洗濯~乾燥コスト約107円約94円

AW12VP2の口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル AW12VP2はこちら

東芝2022年発売 タテ型洗濯乾燥機 AW10VP2(AW-10VP2)と前モデルAW10VH1(AW-10VH1)の違い【口コミ・評判は?】

型番AW10VP2AW10VH1
洗濯容量/乾燥容量10kg/5kg10kg/5kg
タッチパネル
洗剤自動投入
温水
スマホ連動
自動槽洗浄
乾燥方式ヒーターヒーター
洗濯水量約119L約115L
洗乾水量約110L約92L
洗濯時間約35分約42分
洗濯~乾燥時間約170分約227分
運転音(洗濯/脱水/乾燥)29/37/45dB28/37/45dB
幅/奥行/高さ(mm)637/650/1042614/628/1048
洗濯コスト約32円約31円
洗濯~乾燥コスト約94円約75円

AW10VP2の口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル AW10VP2はこちら

2021年発売型落ちモデルAW10VH1はこちら

東芝2022年発売 タテ型洗濯乾燥機 AW8VM2(AW-8VM2)と前モデルAW8VM1(AW-8VM1)の違い【口コミ・評判は?】

型番AW8VM2AW8VM1
洗濯容量/乾燥容量8kg/4.5kg8kg/4.5kg
タッチパネル
洗剤自動投入
温水
スマホ連動
自動槽洗浄
乾燥方式ヒーターヒーター
洗濯水量約93L約93L
洗乾水量約89L約89L
洗濯時間約39分約39分
洗濯~乾燥時間約195分約195分
運転音(洗濯/脱水/乾燥)26/37/45dB26/37/45dB
幅/奥行/高さ(mm)600/605/1021600/605/1021
洗濯コスト約26円約26円
洗濯~乾燥コスト約83円約83円

AW8VM2の口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル AW8VM2はこちら

2021年発売型落ちモデル AW8VM1はこちら

スポンサーリンク

2022年5月以降発売東芝タテ型洗濯乾燥機まとめ

東芝 タテ型洗濯乾燥機 2022年発売 前モデル比較

    • 液体洗剤・柔軟剤自動投入搭載【AW12VP2/AW10VP2】
    • 自動2度洗い/予洗い+/香るおしゃれ着コース搭載【AW12VP2/AW10VP2】
    • フレグランスコース搭載【AW8VM2】
    • お気に入りボタンが追加されおしゃれ着やフレグランスが簡単選択【AW8VM2】
    • 糸くずフィルターが半透明になりパッと見でゴミの貯まり具合が見れる【全機種】
    • 蓋とリングのカラーが変更【AW8VM2】

今回の東芝2022年モデルは、糸くずフィルターが使い易くなっています。

また、柔軟剤の人気背景より各社力を入れているフレグランスコースを追加(お気に入りボタンも追加で簡単に選べる)

今回は以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございます!


家電量販店なら安心

ヤマダで洗濯機を見る

洗濯機売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


コメント

タイトルとURLをコピーしました