【2022年9月更新】縦・ドラム式洗濯機売れ筋ランキング【2022年9月更新】ノートパソコン売れ筋ランキング
家電

【2022年発売】三菱冷蔵庫新製品を前モデルと比較

三菱 冷蔵庫 2022年発売 前モデル比較家電

こんにちは、けた(@keta20131215)です!

今回は、けたろぐにお越し頂きありがとうございます!

今回はこのような悩みを解決していきます。

三菱 冷蔵庫 2022年発売 前モデル比較
三菱の冷蔵庫が気になる人
・三菱の2022年発売の冷蔵庫新製品はどんな機種?
・前モデルと何が違うの?

三菱の新型冷蔵庫は2022年2月以降発売となってます。

 

この記事で分かること
    • 三菱の2022年発売新型冷蔵庫の新機能+人気機能紹介
    • 2022年3月以降発売と三菱冷蔵庫と前モデルの違い

けた
けた
ちなみに私は、家電量販店で15年以上働いていて家電アドバイザーの資格を持っています。

家電量販店なら安心

ヤマダで冷蔵庫を見る

冷蔵庫売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


タップできる目次
  1. 2022年2月以降発売三菱冷蔵庫の新機能とおすすめ機能紹介
  2. 2022年2月以降発売三菱冷蔵庫と前モデルの違い・口コミ評判は?
  3. 2022年3月以降発売三菱冷蔵庫まとめ
スポンサーリンク

2022年2月以降発売三菱冷蔵庫の新機能とおすすめ機能紹介

三菱 冷蔵庫 2022年発売 前モデル比較

まずは、結論の変更点はこちらです。

    • MXD/WXD⇒MZ/WZとシリーズ名が変更【スマホアプリ対応と容量向上】
    • MZ/WZシリーズは工夫により氷点下ストッカーが広々使える
    • MZ/WZシリーズは庫内のカスタマイズが可能
    • 洗える埋めちゃっタンク/どこでもタマゴケース搭載【MZ60H/MZ54H/WZ61H/WZ55H】

つぎに、三菱新機種に追加された新機能(変更点)と人気機能を紹介していきます。

新機能がどの機種に搭載されているかは下記の表を参考にして下さい。

現在作成中の為、しばらくお待ちください

新機能①洗える埋めちゃっタンク搭載

出典:三菱公式
給水タンクを埋め込み式にすることで冷蔵室を広々使えるように変更されています。
けた
けた

チルド・氷点下ストッカーが広くなり使い勝手が向上しています!

スポンサーリンク

2022年2月以降発売三菱冷蔵庫と前モデルの違い・口コミ評判は?

三菱 冷蔵庫 2022年発売 前モデル比較

 

2022年2月以降発売の三菱冷蔵庫は次の12機種です。

まんなか野菜室

型番MRMZ60HMRMZ54HMRMX50HMRMX46HMRMB45H
定格内容量602L540L503L455L451L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室野菜室野菜室野菜室
冷蔵室328L298L271L247L243L
冷凍室139L120L116L104L103L
野菜室115L103L98L88L87L
製氷室20L19L18L16L18L
685mm650mm650mm650mm600mm
奥行738mm699mm699mm650mm699mm
高さ1,833mm1,833mm1,826mm1,826mm1,826mm
年間目安電気代7,720円7,450円7,160円6,970円6,890円
スマホ連動

まんなか冷凍室

型番MRWZ61HMRWZ55HMRWX52HMRWX47HMRWX47LHMRB46HMRR46H
定格内容量608L547L517L470L470L455L462L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室冷凍室冷凍室冷凍室冷凍室冷凍室
冷蔵室328L298L277L254L230L239L250L
冷凍室144L128L119L107L119L107L106L
野菜室114L100L98L88L98L87L85L
製氷室22L21L23L21L23L22L21L
685mm650mm650mm650mm650mm600mm650mm
奥行738mm699mm699mm650mm699mm699mm675mm
高さ1,833mm1,833mm1,821mm1,821mm1,696mm1,821mm1,821mm
年間目安電気代7,370円7,180円7,160円6,970円7,020円6,750円9,720円
スマホ連動

では、前モデルとの違い、ラインナップの違いを説明していきます。

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRMZ60H(MR-MZ60H)と前モデルMRMXD57G(MR-MXD57G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRMZ60HMRMXD57G
定格内容量602L572L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室
冷蔵室328L306L
冷凍室139L133L
野菜室115L114L
製氷室20L19L
685mm685mm
奥行738mm738mm
高さ1,833mm1,826mm
年間目安電気代7,720円7,430円
スマホ連動

  • 容量540L⇒602L
  • 年間目安電気代7,450円⇒7,720円
  • 機能面は同じ

  • 容量503L⇒602L
  • 年間目安電気代7,160円⇒7,720円
  • スマホアプリ対応
  • 洗える埋めちゃっタンク搭載
  • ひろびろ氷点下ステッカーDAI搭載
  • 棚の高さ・ドアの仕切りがカスタマイズ可能
  • どこでもタマゴケース搭載
  • カラーが2色展開(W/C)⇒3色展開(W/C/XT)

MRMZ60Hの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

家電量販店なら安心

ヤマダで冷蔵庫を見る

冷蔵庫売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


三菱2022年発売 冷蔵庫 MRMZ54H(MR-MZ54H)と前モデルMRMXD50G(MR-MXD50G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRMZ54HMRMXD50G
定格内容量540L503L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室
冷蔵室298L271L
冷凍室120L116L
野菜室103L98L
製氷室19L18L
650mm650mm
奥行699mm699mm
高さ1,833mm1,826mm
年間目安電気代7,450円6,750円
スマホ連動

  • 容量503L⇒540L
  • 年間目安電気代7,160円⇒7,450円
  • スマホアプリ対応
  • 洗える埋めちゃっタンク搭載
  • ひろびろ氷点下ステッカーDAI搭載
  • 棚の高さ・ドアの仕切りがカスタマイズ可能
  • どこでもタマゴケース搭載
  • カラーが2色展開(W/C)⇒3色展開(W/C/XT)

  • 容量455L⇒540L
  • 年間目安電気代6,970円⇒7,450円
  • スマホアプリ対応
  • 洗える埋めちゃっタンク搭載
  • ひろびろ氷点下ステッカーDAI搭載
  • 棚の高さ・ドアの仕切りがカスタマイズ可能
  • どこでもタマゴケース搭載
  • カラーが2色展開(W/C)⇒3色展開(W/C/XT)

MRMZ54Hの口コミ・評判

引越しに伴い購入

元々料理は好きだが 小さい冷蔵庫だったため まとめ買いもできず 今回 この機種にして 野菜の長期間保存も可能になったため 日々の料理が楽しくなりました

出典:ビッグカメラ

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRMX50H(MR-MX50H)と前モデルMRMX50G(MR-MX50G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRMX50HMRMX50G
定格内容量503L503L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室
冷蔵室271L271L
冷凍室116L116L
野菜室98L98L
製氷室18L18L
650mm650mm
奥行699mm699mm
高さ1,826mm1,826mm
年間目安電気代7,160円7,160円
スマホ連動

  • 容量455L⇒503L
  • 年間目安電気代6,970円⇒7,160円
  • 機能面は同じ

  • 容量455L⇒503L
  • 年間目安電気代6,890円⇒7,160円
  • オートクローザー搭載
  • 片開き⇒センター開き

MRMX50Hの口コミ・評判

野菜室が下から二段目にあるのがポイントでした。大半のものは一番下にありますが、使う頻度から考えてこの作りが主婦にとって最適かと思います。

デザイン、清掃のしやすさ、動作音いずれも文句なしで満足しています。

出典:ビッグカメラ

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRMX46H(MR-MX46H)と前モデルMRMX46G(MR-MX46G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRMX46HMRMX46G
定格内容量455L455L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室
冷蔵室247L247L
冷凍室104L104L
野菜室88L88L
製氷室16L16L
650mm650mm
奥行650mm650mm
高さ1,826mm1,826mm
年間目安電気代6,970円6,970円
スマホ連動

  • 容量451L⇒455L
  • 年間目安電気代6,890円⇒7,160円
  • オートクローザー搭載
  • 片開き⇒センター開き

MRMX46Hの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRMB45H(MR-MB45H)と前モデルMRMB45G(MR-MB45G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRMB45HMRMB45G
定格内容量451L451L
ガラスドア
観音開き
まんなか野菜室野菜室
冷蔵室243L243L
冷凍室103L103L
野菜室87L87L
製氷室18L18L
600mm600mm
奥行699mm699mm
高さ1,826mm1,826mm
年間目安電気代6,890円6,890円
スマホ連動

MRMB45Hの口コミ・評判

野菜室が真ん中にあるのは、とても便利だと思います。

出典:ビッグカメラ

【レビューコメント】

スリムになり、一番上段のものが取りにくくなった、という家族もいます。

【要望コメント】

色が白とブラウンしかありまでんでぢたが?もう少し種類があってもいいかと。

出典:ヤマダデンキ

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRWZ61H(MR-WZ61H)・MRWZ55H(MR-WZ55H)と前モデルMRWX60G(MR-WX60G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRWZ61HMRWX60G
定格内容量608L600L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室328L323L
冷凍室144L138L
野菜室114L114L
製氷室22L25L
685mm685mm
奥行738mm738mm
高さ1,833mm1,821mm
年間目安電気代7,370円7,830円
スマホ連動

型番MRWZ61HMRWZ55H
定格内容量608L547L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室328L298L
冷凍室144L128L
野菜室114L100L
製氷室22L21L
685mm650mm
奥行738mm699mm
高さ1,833mm1,833mm
年間目安電気代7,370円7,180円
スマホ連動

  • 容量547L⇒608L
  • 年間目安電気代7,180円⇒7,370円
  • 機能面は同じ

  • 容量517L⇒608L
  • 年間目安電気代7,160円⇒7,720円
  • スマホアプリ対応
  • 洗える埋めちゃっタンク搭載
  • ひろびろ氷点下ステッカーDAI搭載
  • 棚の高さ・ドアの仕切りがカスタマイズ可能
  • どこでもタマゴケース搭載
  • カラーが2色展開(W/C)⇒3色展開(W/C/XT)

MRWZ61Hの口コミ・評判

故障の為、急遽購入。庫内が四角くて広い。氷点下ストッカーは缶飲料の保管に便利。製氷皿が取り出せて洗えるのはうれしい。冷凍庫の3段目もいい感じに使える。

出典:ビッグカメラ

 

MRWZ55Hの口コミ・評判

完全に予算オーバーでしたが、デザイン性、容量的には大変満足しております。

出典:ヤマダデンキ

 

けた
けた

お酒やドリンクを冷やすのに氷点下ストッカーが大好評!

デザイン性やメンテナンス性も充実しています。

2022年発売モデル MRWZ61Hはこちら

2022年発売モデル MRWZ55Hはこちら

2021年発売型落ちモデル MRWX60Gはこちら


家電量販店なら安心

ヤマダで冷蔵庫を見る

冷蔵庫売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


三菱2022年発売 冷蔵庫 MRWX52H(MR-WX52H)と前モデルMRWX52G(MR-WX52G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRWX52HMRWX52G
定格内容量517L517L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室277L277L
冷凍室119L119L
野菜室98L98L
製氷室23L23L
650mm650mm
奥行699mm699mm
高さ1,821mm1,821mm
年間目安電気代7,160円7,160円
スマホ連動

  • 容量470L⇒517L
  • 年間目安電気代6,970円⇒7,160円
  • 機能面は同じ

  • 容量455L⇒517L
  • 年間目安電気代6,750円⇒7,160円
  • オートクローザー搭載
  • 片開き⇒センター開き

MRWX52Hの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル MRWX52Hはこちら

2021年発売型落ちモデル MRWX52Gはこちら

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRWX47H(MR-WX47H)と前モデルMRWX47G(MR-WX47G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRWX47HMRWX47G
定格内容量470L470L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室254L254L
冷凍室107L107L
野菜室88L88L
製氷室21L21L
650mm650mm
奥行650mm650mm
高さ1,821mm1,821mm
年間目安電気代6,970円6,970円
スマホ連動

  • 奥行650mm⇒699mm
  • 高さ1821mm⇒1696mm
  • 年間目安電気代6,970円⇒7,020円
  • 機能面は同じ

  • 容量455L⇒470L
  • 年間目安電気代6,750円⇒6,970円
  • オートクローザー搭載
  • 片開き⇒センター開き

  • 容量462L⇒470L
  • 年間目安電気代9,720円⇒6,970円
  • 全室独立おまかせA.I.搭載
  • 氷点下ストッカーDA.I.搭載
  • 切れちゃう瞬冷凍⇒切れちゃう瞬冷凍A.I.
  • クリーン朝どれ野菜室搭載
  • 部屋別おまかせエコ搭載
  • 銅板ドア⇒ガラスドア
  • カラー展開が1色(W)⇒2色(W/C)

MRWX47Hの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル MRWX47Hはこちら

2021年発売型落ちモデル MRWX47Gはこちら

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRWX47LH(MR-WX47LH)と前モデルMRWX47LG(MR-WX47LG)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRWX47LHMRWX47LG
定格内容量470L470L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室230L230L
冷凍室119L119L
野菜室98L98L
製氷室23L23L
650mm650mm
奥行699mm699mm
高さ1,696mm1,696mm
年間目安電気代7,020円7,020円
スマホ連動

  • 容量455L⇒470L
  • 年間目安電気代6,750円⇒7,020円
  • オートクローザー搭載
  • 片開き⇒センター開き

  • 容量462L⇒470L
  • 年間目安電気代9,720円⇒7,020円
  • 全室独立おまかせA.I.搭載
  • 氷点下ストッカーDA.I.搭載
  • 切れちゃう瞬冷凍⇒切れちゃう瞬冷凍A.I.
  • クリーン朝どれ野菜室搭載
  • 部屋別おまかせエコ搭載
  • 銅板ドア⇒ガラスドア
  • カラー展開が1色(W)⇒2色(W/C)

MRWX47LHの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル MRMX47LHはこちら

2021年発売型落ちモデル MRWX47LGはこちら

三菱2022年発売 冷蔵庫 MRB46H(MR-B46H)と前モデルMRB46G(MR-B46G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRB46HMRB46G
定格内容量455L455L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室239L239L
冷凍室107L107L
野菜室87L87L
製氷室22L22L
600mm600mm
奥行699mm699mm
高さ1,821mm1,821mm
年間目安電気代6,750円6,750円
スマホ連動

MRB46Hの口コミ・評判

口コミ・評判は確認次第掲載します

2022年発売モデル MRB46Hはこちら

2021年発売型落ちモデル MRB46Gはこちら


家電量販店なら安心

ヤマダで冷蔵庫を見る

冷蔵庫売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


三菱2022年発売 冷蔵庫 MRR46H(MR-R46H)と前モデルMRR46G(MR-R46G)の違い【口コミ・評判は?】

型番MRR46HMRR46G
定格内容量462L462L
ガラスドア
観音開き
まんなか冷凍室冷凍室
冷蔵室250L250L
冷凍室106L106L
野菜室85L85L
製氷室21L21L
650mm650mm
奥行675mm675mm
高さ1,821mm1,821mm
年間目安電気代9,720円9,860円
スマホ連動

MRB46Hの口コミ・評判

使いやすい
両扉で使いやすいです。
初めて切れちゃう冷凍を,使ったが感動的でした

出典:ビッグカメラ

 

デザイン機能良く静音
以前は日立の冷蔵庫を使用していましたが、この三菱の冷蔵庫は驚くくらいモーター音がほとんどしませんので静音で助かります。

冷蔵、冷凍、瞬冷凍、野菜、製氷の各庫内の温度の3段階設定が正面バネルで出来ます。とても便利です。

各庫内の食品や食材の収納も分かり易く問題ありません。

欲を言えば卵トレイが10個なのですが、12個収納だともっと便利だと思いました。

納入設置してもらって、使用始めて冷蔵庫が中々冷えなかったのと製氷がなかなか出来なかったので心配しましたが、初めて設置使用した時は冷えるのに時間を要します。
搬入、設置してくれたスタッフの方も冷えるのに時間がかかると説明してくれていたのと、マニュアルにも書いてありました。
翌朝にはちゃんと冷えて、製氷もバッチリでした。
だから最初のときだけなので心配しなくて大丈夫です。

お薦めできる冷蔵庫です。

出典:ビッグカメラ

 

今までと同じタイプを購入させて頂きました。価格もちょうど良くて、気に入っています。

出典:ヤマダデンキ

けた
けた

価格帯、デザイン性、切れちゃう瞬冷凍が好評です

 

2022年発売モデル MRR46Hはこちら

スポンサーリンク

2022年3月以降発売三菱冷蔵庫まとめ

三菱 冷蔵庫 2022年発売 前モデル比較

    • MXD/WXD⇒MZ/WZとシリーズ名が変更【スマホアプリ対応と容量向上】
    • MZ/WZシリーズは工夫により氷点下ストッカーが広々使える
    • MZ/WZシリーズは庫内のカスタマイズが可能
    • 洗える埋めちゃっタンク/どこでもタマゴケース搭載【MZ60H/MZ54H/WZ61H/WZ55H】

今回の三菱2022年モデルは、上位機種がフルモデルチェンジ!

MZ/WZシリーズは使い勝手も大きく向上しているのでオススメです。

今回は以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

 


家電量販店なら安心

ヤマダで冷蔵庫を見る

冷蔵庫売れ筋をチェック

✅ ヤマダデンキ公式 : https://www.yamada-denkiweb.com/


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました