エコタンクプリンタ徹底比較!おすすめプリンタ6選【2020】

エコタンクプリンタ徹底比較!おすすめプリンタ6選!プリンタ

こんにちは!けたです。

今回は、私のブログにお越し頂きありがとうございます♪

今回は、このような悩みを解決していきます!

なやむ人
エコタンクプリンタのどれがいいか分からない人

・エコタンクプリンタって何?
・エコタンクプリンタのデメリットは?
・おすすめのプリンタはどれかな?

先に、結論(おすすめのエコタンクプリンタ)を知りたい方はこちらをクリックしてください。

 

最近のトレンドは、印刷コストの安いプリンタが人気となっています。

エプソンから始まり、キャノン、ブラザーと各社ラインナップに加わってきています。

  • エプソン:「エコタンク搭載プリンタ」
  • キャノン:「GIGA TANK(ギガタンク)搭載プリンタ」
  • ブラザー:「FIRST TANK(ファーストタンク)」

当記事では、総称としてエコタンクプリンタということで呼んでいきます。

 

エコタンクプリンタのメリット、デメリット、2020年最新おすすめモデルの紹介をしていきます。

けた
けた

ちなみに私は、家電量販店で10年以上働いていて家電アドバイザーの資格を持っています。

エコタンク搭載プリンタとは?メリット・評判

エコプリンタ

 

なぜ、エコタンク搭載プリンターが登場したのか?

「消耗品の交換不要」、「低ランニングコスト」をコンセプトにした新しいプリンターのことです。

2016年にエプソンから販売が開始し、今ではキャノン、ブラザーも同じコンセプトの商品のラインナップが増えています。

 

エプソンが行った調査によると、下記のような不満が多かったようです。

ユーザーの不満

  • 消耗品切れの不安
  • 消耗品の交換に対する不満
  • 印刷コストが高いことによる不満

つまり、使いたいときに “安く” 使いたいというニーズが高いという結果になっています。
私も、印刷したいときにインクがなくなるインクが高い予備を買っても壊れたら使えなくなるなど不満点が多いのがインクジェットプリンタだと思います。
そんなマイナスポイントを改善できるのが、エコタンク搭載プリンタです!

【2019年最新】エコタンク方式プリンタとインクカートリッジ方式のプリンタでコスト比較

エコタンクコスト
エプソンの最新モデル、エコタンク方式 EPSON EW-M752TとインクジェットプリンタEP882Aでコスト比較していきます。
型番EW-M752TEP-882A
価格(エプソンダイレクト価格)39,980円31,980円
インク(エプソンダイレクト価格)3,000円6,980円
A4カラー文章コスト約2.9円約12円
1セットあたりの印刷枚数約1000枚約600枚

※2019年10月時点のエプソンダイレクト価格を元に算出しています

※同梱インクの印刷枚数は不明の為、プリンタとセットインクを一つ購入して使った場合で計算しています

エコタンクコスト比較
けた
けた

A4カラー文章を約1,100枚以上印刷すれば圧倒的にエコタンクプリンタがお得なんだね!

1セットあたりの印刷可能枚数が違うのでたくさん印刷する人は、エコタンク搭載プリンタがおすすめです!

  • 1回のインク交換で、大量に印刷可能
  • 従来のインクジェットプリンタに比べて圧倒的な低コスト
  • 大量印刷可能な耐久性

  • 本体が高い
  • 選んだモデルによってはインクの入れ替えで汚れることがある
  • 大量印刷しない人にはコスト高になる

あんまり印刷しないなら、従来のインクジェットプリンタでもOKです
いっぱい印刷する方は、エコタンクプリンタのご検討をおすすめします!

エコタンクプリンタの写真印刷はきれいなの?

写真がきれい

結論から言うと、インクジェットプリンタの6色インクタイプなどと比べると負けてしまいます。

インクの数が多い=明るく鮮やかな写真に仕上がる

4色インクと6色インクではこの部分の違いが出てきます。

写真をきれいに印刷したいならインクジェットプリンタがおすすめです!

2019年10月に発売したエプソンのエコタンク搭載プリンタ「EW-M752T」はインクの粒を5段階で調整できるので色の微調整が得意です。

インクも染料4色、顔料5色入っているので写真も文章もきれいに仕上がります。

2020年最新おすすめエコタンクプリンタ徹底比較

エコプリンタ

メーカー名エプソンキャノンキャノンエプソンエプソンブラザー
型番EW-M770TG6030G3310EW-M752TEP-M552TDCP-J988N
値段599803988024980399802998036850
サイズ(mm)425*359*161403*369*195445*330*163390*339*166390*324*166435*341*195
重量約8.0kg約8.1kg約6.3kg約6.3kg約4.5kg約8.7kg
インクの種類染料4顔料1染料3顔料1染料3顔料1染料4顔料1染料4染料3顔料1
コストA4文章約1.3円約1.0円約0.9円約2.7円約2.7円約3.7円
コストL判写真約6.0円約6.2円未測定約8.6円約8.4円約10.0円
L判印刷速度約24秒約37秒約51秒約25秒約33秒約14秒
液晶サイズ2.7型2行モノクロ1.2型モノクロ4.3型タッチ1.44型2.7型
給紙方法前面60/背面1前面250/背面100背面100前面40/背面1背面/30前面150/前面1
レーベル印刷×××××
両面印刷××

※EW-M752T・EP-M552Tのコストは増量インク使用時

※2019年10月段階の各社WEB価格

とにかくたくさん印刷したい人におすすめ3選

①エプソン EW-M770T(EWM770T)

  • 染料インク4、顔料インク1で写真も文字もきれい
  • A4カラー文章1.3円、L判6円とコスパ最強
  • 印刷速度が速い

満足度が高い口コミ

けた
けた

エコプリンタの課題の画質を完璧にクリアした機種です。

使い勝手もよく万能プリンタなので是非お試しください!

評価の低い口コミ

けた
けた

約5万ページの耐久性ですが、ビジネスプリンタに比べると少なめな印象です。

メンテナンスボックスが交換できるところが利点ですが在庫の取り扱いが少なく取り寄せになる場合が多そうです。

 



②キャノン G6030

 

  • インクボトル各1ほんでブラック約6000枚、カラー約7700枚印刷可能
  • 低コスト印刷でA4カラー文章約1.0円で印刷可能
  • ヘッド交換が可能

満足度が高い口コミ

 

色々なプリンターを使いましたが、キャノンの紙送りの正確さが気に入り、キャノンで家庭用のプリンターの2代目を探しておりました。家庭用と言いつつ、毎日業務で使っていたので、たった1年9か月で寿命(インク吸収パッドが満タン)を迎えてしまいました。先代はインクカートリッジが馬鹿高く、そのコストに参っていたので、本体の価格はともあれラニングコストの低さでこちらを選択。給紙が天面にあり、紙がまっすぐ入っていくあたりが、紙のトラブルを起こしにくくしていると思うし、インクの減り具合が外から見てわかるし、おおむね満足しています。
業務用書面の印刷が中心なので、画質にも全く不満はありません。
替えのインクの安さに加え持ちの良さに、心の安寧が得られます。
けた
けた

CANONのギガタンクの他メーカーと違う点でヘッドが交換できるので、プリンタの修理率の一番高いヘッドの詰まりを解消できます。

たくさん印刷するのであれば問題ないのですが、頻繁に印刷しないのであればおすすめの機種です。

ちなみに、コストに関しては群を抜いています!

評価の低い口コミ

けた
けた

画面が小さいという点と、写真向きではないという点に不満が多いです。



③キャノン G3310

 

  • 低コストA4カラー文章約0.9円

満足度が高い口コミ

 

けた
けた

とにかく、コスパ重視機種です!

ここまでくるとインク代を無視できる程ですので印刷枚数が多い方におすすめです。

評価が低い口コミ

けた
けた

機能が制限されている部分に不満が多いようですが、コスト重視で考えるならおすすめです。

一般家庭向けのおすすめ3選

①エプソンEW-M752T(EWM752T)

 

  • 染料インクと顔料インクで写真も文章もきれい
  • インクの粒調節でエコタンク搭載プリンタながら写真もきれい
  • 一般家庭向けの使い切りインクあり

評価の高い口コミ

けた
けた

印刷がキレイ、コスパも良いという両立した機能を持ち合わせた機種です!
予算があうのであればおすすめです。

評価の低い口コミ

けた
けた

ビジネスプリンタに比べると操作性や印刷速度でやはり劣ってしまいますが、家庭で使うのがメインでたくさん印刷したい・写真も印刷したいという方向けです。

②エプソンEP-M552T(EPM552T)

 

  • 4色染料インクで写真が鮮やか
  • 一般家庭向けの使い切りインクあり

③ブラザー DCP-J988N(DCPJ988N)

 

  • 1回のインク交換で1年以上使える
  • カートリッジタイプだから手が汚れにくい
  • 急なインク切れでも約200枚は印刷できるサブタンクに注入するシステムを採用

エコタンクプリンタのまとめ

エコプリンタ

今回紹介した機種は、全て本体代金はインクジェットプリンタより高いですが、コストパフォーマンスがよくたくさん印刷したいというニーズにあったプリンタです。

どのくらい印刷するかによって、自分に合ったおすすめのプリンタを選ぶようにしましょう!

今回はこれで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

<<プリンタ関連記事はこちらでまとめています>>

 

<<パソコン関連記事はこちらでまとめています>>

NEC2020年春モデル比較記事

富士通2019年秋冬モデル比較記事

初心者がパソコンを選ぶポイントを解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました