TEXT関数で日付を入れると曜日が表示される方法【エクセル】

Excel

こんにちは!けたです。

今回は、私のブログにお越し頂きありがとうございます♪

今回は、このようなエクセルの悩みを解決していきます!

なやむ人
エクセル初心者

日付を入れると自動で曜日を表示する方法ってあるの?

TEXT関数を使うとこんなことも簡単に出来てしまいます。

  • TEXT関数の基本的な使い方をわかりやすく解説
  • TEXT関数を使って日付データを元に自動で曜日表示する方法
  • 月の日付表示を簡単にする方法

けた
けた

ちなみに私は、就職してから約12年間毎日エクセルを使ってきた経験があります。

TEXT関数とは?わかりやすく解説します

TEXT関数

 TEXT関数とは?基本的な使い方

TEXT関数の 基本の使い方を写真を使ってわかりやすく説明していきます。

  • 基本の書式:TEXT(書式設定する値,”適用する表示形式コード”)
  • 書式設定する値:指定した値
  • “適用する表示形式コード”:用意されている表示形式をダブルクォーテーションで囲んで指定

TEXT 関数を使用すると、表示形式コードを使用して数値の表示方法を変更することができます。

これは、数値をより読みやすい形式で表示する場合や、数値を文字列または記号と組み合わせる場合に便利です。

具体的に簡単に言うと、日付データを元に曜日を表示したりできるということです。

 TEXT関数を使って日付から曜日表示する方法

下記のような表があったとします。

TEXT曜日表示1

C列の日付データを元にD列に曜日を表示させます。

D4には次のような式を入力します。

D4:=TEXT(C4,”AAA”)

TEXT曜日表示2

このようにD列に自動で曜日が表示されるようになります。

あとは、D4セルの右下にポインタを合わせると” + “が表示されるのでそのままドラッグでD13でもっていきます。

TEXT関数の式の説明をわかりやすく行います

=TEXT(B4,”aaa“)

※B4は12月1日

” “で囲まれたデータの形式(C列)にB4を置き換えます。

中々便利な関数ですね。

TEXT曜日表示3

ほかにも、色々ありますが今回は日付に関する部分のみ解説していきます。

TEXT関数を使って、ひとつのデータを変えるだけで日付の月表示を変更する方法

表題の件、初日のデータを変えるだけで月の表示を全部変える方法です。

曜日自動表示1

C4に入力するのは『12月であれば12/1』です。

次に、C5に入力するのは下記の式です。

C5:=C4+1

このままC5の右下にマウスをあわせて” + “をドラッグドロップします。

このように日付が自動入力されます。

曜日もそれに合わせて自動表示です。

TEXT関数で日付を入れると自動で曜日表示のまとめ

今回は、TEXT関数の基本的な使い方、日付の自動表示の実用例を紹介してきました。

  • TEXT関数を使って曜日の自動表示
  • TEXT関数は引数を指定することでとても便利な関数
  • TEXT関数とは関係ないですが、日付(12月であれば12/1と入力することで日付の自動入力

TEXT関数は覚えると大分便利な関数です。

引数の種類が多く、中々覚えるのは難しいですが『こんな関数がある』と頭の片隅に置いておくだけでも仕事の効率化が図れるはずです!

あわせて、日付の自動表示は月間実績などの日付乳慮kうで重宝するはずなので必ずマスターしましょう!

今回はこれで終了です。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました