INDEX関数とMATCH関数の使い方をわかりやすく解説【エクセル】

INDEX関数とMATCH関数の使い方をわかりやすく解説【エクセル】Excel

こんにちは!毎日エクセルを活用しているけたです。

今回は、私のブログにお越し頂きありがとうございます♪

今回は、このようなエクセルの悩みを解決していきます!

なやむ人
INDEX関数とMATCH関数を使いたいエクセル初心者

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせると色々できるって聞いたけど難しい・・・

INDEX関数とMATCH関数の組み合わせは、基本が出来ている人向けの応用関数です。

今回は、INDEX関数とMATCH関数の使い方をわかりやすく解説していきます。

  • INDEX関数の使い方
  • MATCH関数の使い方
  • INDEX関数とMATCH関数を使って交通機関の料金計算をする方法を解説

けた
けた

ちなみに私は、就職してから約12年間毎日エクセルを使ってきた経験があります。

INDEX関数とは?使い方をわかりやすく解説

INDEX関数

INDEX関数の基本的な使い方を説明していきます。

INDEX関数の基本の使い方とは?

INDEX関数の基本の使い方を写真を使ってわかりやすく説明していきます。

  • 基本の書式:INDEX(範囲,行番号,列番号)
  • 範囲:抽出する値を含むセル範囲
  • 行番号:範囲内で抽出する行番号
  • 列番号:範囲内で抽出する列番号

指定した範囲で指定した行番号⇒指定した列番号の値を取り出す関数です。

まずは簡単な使い方例を紹介していきます。

下記の写真を参考にして下さい。

INDEX関数の使用例

このような表があったとします。

index関数1

赤枠に指定した値を表示します。

C9とC10には、それぞれ次のような式を入力します。

①C9:=INDEX(C3:D6,4,1)
②C10:=INDEX(C3:D6,4,2)

index関数2

①『C9:=INDEX(C3:D6,4,1)』の場合

C3~D6の範囲を指定し、上から縦に4番目左から横に1番目にある値を表示するので、『C9=180(C6セルの値)』になります。

 

けた
けた

INDEX関数単体ではあまり使わないですが、次に紹介するMATCH関数を組み合わせることで、『VLOOKUPを超えるちょー使いやすい関数』になります!

MATCH関数とは?使い方をわかりやすく解説していきます。

MATCH関数

次は、MATCH関数の使い方と具体的な例を元に説明していきます。

MATCH関数の基本の使い方とは?

MATCH関数の基本の使い方を写真を使ってわかりやすく説明していきます。

  • 基本の書式:MATCH(検査値,検査範囲,[照合の種類])
  • 検査値:位置を求める値
  • 検査範囲:検査値を含むセル範囲を指定します。
  • 照合の種類:検査値を探す方法で省略または「1」を指定すると検査値以下の最大値。「0」を指定すると検査値と完全一致。「-1」を指定すると検査値以上の最小値を検索します。

MATCH関数の使用例

このような表があったとします。

match関数1

B9とB10に入力した文字が指定した範囲の何番目にあるかをC9とD9に表示します。

C9とC10には、次のような式を入力します。

①C9:=MATCH(B9,B3:B6,0);B9セルの値”D君”は「B3:B6の範囲」の何番目の値か
②C10:=MATCH(B10,C2:D2,0);B10セルの値”D君”は「C2:D2の範囲」の何番目の値か

match関数2

①『C9:=MATCH(B9,B3:B6,0)』の場合

①で”D君”、②でB3:B6の範囲と指定し、指定した範囲の何番目に”D君”があるかを表示します。

この場合は、上から縦に4番目なので『C9=4』となります。

B3:B6は縦の範囲なので『上から縦に何番目』という値になります。

②『C10:=MATCH(B10,C2:D2,0)』の場合

①で”体重”、②でC2:D2の範囲と指定し、指定した範囲の何番目に”体重”があるかを表示します。

この場合は、左から横に2番目なので『C10=2』となります。

C2:D2は横の範囲なので『左から横に何番目』という値になります。

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせ

INDEX関数とMATCH関数の組み合わせ

INDEX関数×MATCH関数とVLOOKUP関数の違い

INDEX関数とMATCH関数を組み合わせることで、VLOOKUP関数よりも『より細かく検索』することができるようになります。

VLOOKUP関数がわからないという方はこちらの記事を参考にしてください。

VLOOKUP関数HLOOKUP関数は、『検査値に対して横 あるいは 縦に検索』します。

 

これに対して、

『INDEX関数は縦、横ともに指定』できるので、MATCH関数と組み合わせることで『より細かく検索』することが可能

になります。

INDEX関数とMATCH関数を使って交通費を求める方法

次のような表があったとします。

『おとな1人とこども1人で、電車とバスを使ってお出かけ』したときの料金計算をする場合で説明していきます。

index関数-match関数1

指定した条件(こども料金 または おとな料金)×(徒歩 または 電車 または バス)の金額を赤枠に表示させます。

D8には次のような式を入力します。

D8:=INDEX($C$3:$E$4,MATCH(B8,$B$3:$B$4,0),MATCH(C8,$C$2:$E$2,0))

 

けた
けた

ちょっと長めの関数になっているので色を使ってそれぞれを説明していきます!

index関数-match関数2

INDEX関数の書式『INDEX(①範囲,②行番号,③列番号)』の行番号と列番号を求めるときにMATCH関数を使っています。

$マークは絶対参照や相対参照のことで詳しくは、今度別の記事で紹介していきます。
今回は、わかりやすいように一旦$マークを取って解説します。
D8:=INDEX(C3:E4,MATCH(B8,B3:B4,0),MATCH(C8,C2:E2,0))
①C3:E4の範囲の中
②B8の”こども”はB3:B4の範囲で何番目?
③C8の”電車”はC2:E2の範囲で何番目?

つまり、INDEX(C3:E4,1,2)という意味になるので『D8=500』となります。

絶対参照、相対参照で指定しているので、そのまま下にコピぺします。

最後に、D12に『=SUM(D8:D11)』を入力すれば完成です♪

けた
けた

こんな感じで、INDEX関数×MATCH関数はいろいろと応用できる組み合わせです!

INDEX関数とMATCH関数のまとめ

  • INDEX関数は『指定した範囲』で『縦に〇番目』、『横に〇番目』の値を求められる
  • MATCH関数は『指定した値』が『指定した範囲の何番目』を求められる
  • INDEX関数の『縦に〇番目』と『横に〇番目』という部分にMATCH関数を組み合わせると『より細かく検索』できる

複数の関数を組み合わせて使うことで、エクセルを効率よく使うことができるようになります。

特に、今回のINDEX関数×MATCH関数はLOOKUP関数の上位互換なので是非マスターしましょう!

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

『INDIRECT関数』『名前の定義』もおすすめの組み合わせです。

こちらの記事で紹介しているので合わせてマスターしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました