【初心者必見】パソコン買い換え時の選び方とおすすめ機種6選【2020】

パソコンの買い替え時期は?選び方とおすすめ機種6選パソコン

こんにちは、パソコンを日々販売しているけたです!

今回は、私のブログにお越し頂きありがとうございます♪

今回は、初心者がパソコンの買い替えるときはどんな選び方をすればいいの?という悩みを解決していきます!

パソコンを買い替えたい初心者
パソコンを買い替えたい初心者

・パソコンの買い替え時期は?

・Windows7のサポートが終了するとパソコンはどうなるの?

・初心者がパソコンを買い替えるときの選び方のポイントは?
・初心者が買い替えるならどんなパソコンがおすすめ?

先に、結論(買い替えにおすすめのパソコン)を知りたい方はこちらをクリックしてください。

 

Windows7を使っている方はサポートが2020年1月14日で終了しました。

このままWindows7を使っているとパソコンにどんな危険があるのか?

パソコンの買い替え時期はいつ頃がおすすめか?

新しくパソコンを買い替える場合の選ぶポイントをわかりやすく解説していきます。

 

けた
けた
ちなみに私は、家電量販店で10年以上働いていて家電アドバイザーの資格を持っています。

 

パソコンの買い替えサイクルはどのくらい?

パソコンの買い替え時期

パソコンの平均の買い替えサイクルは約6年と言われています。

パソコンの買い替えるときの目安は次の3点です。

パソコンの買い替え目安
  • パソコンのOS(オペレーティングシステム)のサポートが終了するとき
  • パソコンを使っていて遅い・ストレスを感じる方
  • 同じパソコンを6年以上使っている方

このように、パソコンを長く使っている方で遅いとストレスを感じている方やパソコンOSのサポートが終了してしまうタイミングが買い替え時期です。

初心者がパソコンを買い換えるときのおすすめなタイミングはいつ?

パソコンの買い替え時期のおすすめタイミングは、新製品が発売した直後のモデルチェンジしたときです!

パソコンに関しては、昔は必ず春・夏・秋冬と年に3回モデルチェンジしていましたが、最近はそのときによって変わってくるのでその都度確認が必要です。

新しいモデルが発売したときが買い替え時期で、前モデルが大幅に安くなっていると思います。

パソコンに詳しくない初心者でも、展示・在庫限りの商品を選べば安く買うことができます!

サポートが切れたWindows7パソコンを使うデメリット

サポート終了

マイクロソフトでは、パソコンOS製品の発売以降に不具合が見つかったら修正プログラムを配布します。

しかし、サポートが終了すると修正プログラムが提供されなくなり、パソコンが危険にさらされます

パソコンが壊れていないからといって、そのままインターネットに接続し使い続けると非常に危険です。

  • メールの添付ファイル:悪意のある不正プログラムが添付されている可能性もあり、パソコンがウイルスに感染する恐れがあります
  • WEBページの閲覧:悪意のあるページを開いてしまい、パソコンがウイルスに感染する恐れがあります。そこからクレジットカードの情報や個人情報が漏れてしまうことも考えられます
  • 使い勝手:お使いのパソコンに対応している周辺機器がどんどん減っていきます

このように、Windows7搭載パソコンを2020年1月14日以降使い続けるには大きなリスクがあります。

OSのサポートが終わる前がパソコンの買い替える時期です。

特に初心者の方は、サポートが切れたパソコンを使うと危険度が大きく増すのでなるべく早く買い替えることをおすすめします。

Windows7のサポートが切れるのは2020年1月14日

Windows7搭載パソコンを使っている人は2020年1月14日までに、新しいパソコンに買い替えないと大変な目にあう可能性があります。

XPのサポート終了後に、XP搭載パソコンを使っていた人が非常に多く、脆弱性(セキュリティの穴)をつかれた被害が多発し、異例のパッチ提供がありました

今回も同じ流れになる可能性が高いのでそうならないように、事前に新しいパソコンに買い替えましょう。

初心者がパソコンを買い替えるときに注意する4つのポイント

パソコンの選び方

初心者がパソコンを買い替える場合の性能選びの方法をわかりやすく解説していきます。

 

パソコンを買い替えたい初心者
パソコンを買い替えたい初心者

・パソコンのCPUってどんな役割?

・パソコンのメモリってどんな役割?

・記憶媒体のHDDとSSDって何が違うの?

・最新技術Optaneメモリー(オプテインメモリー)って何?

①初心者がパソコンの買い替えでCPUを選ぶときのポイント

CPUは社員数と社員スキル

CPUとは、中央演算処理装置、つまりパソコンの司令塔です。

会社に例えて考えると社員数と社員のスキルレベルというと分かりやすいでしょうかね。

高性能なCPUは社員数も多くスキルも高い、逆に低性能のCPUは社員がほとんどいなくスキルも低いということになります

 

こちらがインテルのCPUのわかりやすい比較表なので参考にして下さい。

CPUハイビジョン動画視聴・編集ソフトの起動Officeソフトの動作音楽・写真の取り込み変換インターネットの視聴複数作業の動作
Core i7
Core i5
Core i3
Celeron
 
Core i7:長期間快適に使いたい方向け。ゲームや動画編集など高負荷の作業にオススメ!

Core i5:動画編集やOFFICE作業をよく使う方にオススメ!

Core i3:普通に使うなら十分な性能!

Celeron:全体的に遅く頻繁に使う方にはストレスかも・・・!

ちなみに、各社パソコンメーカーで搭載しているCPUに大きな変化がありました。

メーカー製パソコンのCPUと言えば、ほとんどがIntel(インテル)というイメージでしたが最近はRyzenやE2といったCPUが急増中です。

こちらは世界2位のパソコンCPUメーカーAMD社のCPUです。

AMDってどんな会社?安心なの?と思った方はこちらの記事を参考にして下さい。

 

AMD社のCPUラインナップは、次の表のようになります。

 

Ryzen7=Core i7
Ryzen5=Core i5
Ryzen3=Core i3
E2=Celeron

ちなみにベンチマークするとIntelに比べ画像の処理が得意なCPUです。
 
私のおすすめCPUは圧倒的にCore i7かRyzen 7です!
 
CPUはあとから変えることが出来ないパーツです
 
初心者の方がパソコンを買い替える場合、安い機種を選びがちですが・・・あとで買えることができないパーツなので、予算がなんとかなるのであれば上記のCPUのどちらかを選ばれることを全力でおすすめします!

②パソコンのメモリって何?どのくらいあればいいの?

メモリは机の広さ

メモリは、机の広さというイメージです。

ソフトウェア(本)を開くと机が一つ埋まります。

複数開いていくことによってどんどん狭くなっていきます。

ちなみに、Windows10搭載パソコンはOS利用で常に半分くらい使用している状況です

メモリー使用率

 

4GB以下だとウイルスソフトが動くだけですぐいっぱいになります。

 

エントリーモデルは4GB、ハイエンドモデルは8GBが入っています。

初心者だからと言って少ないモデルを選ぶとあとで泣くことになります!
快適なパソコンを選ぶならメモリーは8GB以上のモデルを推奨します。

③HDDとSSDって何?どんな違いがあるの?初心者買い替え編

SSD・HDDは本棚

HDD、SSDは本棚のイメージです。

量が多ければいっぱい本をいれられる(ファイルを保存できる)ということです。

ちなみにメインのOS(Windows7やWindows10)もここに保存されています

今回は、おすすめのSSDのメリット・デメリットを紹介します。

  • 高速起動:HDDに比べて2~3倍の起動時間
  • 耐衝撃性:構造上ディスク回転がないので、HDDに比べ耐衝撃性能が優れている
  • 省電力、発熱が少ない:省エネでパソコンへの負担が少ない
SSDのデメリット
  • 高価:SSD自体がHDDに比べ高価な為本体が高くなる
  • 容量が少ない:HDDが1GB標準に対して、SSDは128~512GBが標準

パソコン内部に保存できる容量を取るならHDDですが、ずっと使うことを考えると全体的な速度が速いSSDが圧倒的におすすめです。

最近はSSDの値段も下落傾向なので搭載しているパソコンが増えています。

これからパソコンを買い替える方は、SSDモデルを大きく推奨します。

 

更に詳しく、SSDを知りたい人はこちらの記事を参考にして下さい。

Optane(オプテイン)とは?仕組みとメリット【初心者必見】

Optane(オプテイン)メモリとは、HDDに組み合わせることでHDDのキャッシュ(記憶)として機能する部品のことです。

これを利用することで、パソコンの動作速度が飛躍的に向上します。

 

簡単に言えば、今まで遠くの本棚に毎回資料を取りに行っていた人が、近くに本棚を置くことで資料がすぐ取れるイメージです。

 

書類を取りに行く写真

書類がすぐに準備できる社員

 

 

初期起動時にOptane(オプテイン)メモリに起動に必要なデータが保存されます。

すると、2回目以降はこのデータを使うことで待ち時間が無くなりパソコンの起動が飛躍的に速くなります。

Optane(オプテイン)メモリを使うことで、容量を犠牲にせず起動を速くできます。

出典:NEC公式

 

Optane(オプテイン)メモリは、安価でパソコンの起動やソフトの起動を飛躍的に向上してくれる部品です。

SSDモデルがおすすめではありますが、容量は大きくないと厳しいという方向けのHDD+Optaneメモリーもおすすめです。

これからパソコンを検討されている方は「SSD」と「Optane(オプテイン)」のどちらか採用機種を選ぶことを全力でおすすめします。

 

Optaneメモリーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

【初心者必見】買い替えにおすすめなパソコンを紹介していきます【2020年】

 

1.NECノートパソコン LAVIE PCNS600RA(PC-NS600RA)


PC-NS600RAB NEC LAVIE Note Standard NS600/RAB カームブラック – 15.6型ノートパソコン [Ryzen 7 / メモリ 8GB / SSD 256GB / DVDドライブ / Microsoft Office 2019]

型番LAVIE Note Standard PCNS600RA(PC-NS600RA)
OSWindows10Home
CPUAMD Ryzen 7 3700U(2.3-4.0GHz)4コア/8スレッド
メモリー8GB
ストレージSSD(PCIe)約256GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ15.6型(1920*1080)
OFFICEOffice Home and Business2019
  • 高速SSDとCore i7よりも画像の処理が得意なRyzen搭載で快適操作!
  • 不要なもの(ブルーレイ、編集ソフトなど)を外してコスパが良い!
  • 顧客満足度も高く、電話サポート永年無料やLINEサポートで充実したサポート体制!
  • 動画や画像の編集ソフトがほとんど入ってない
けた
けた

・高性能でコスパの良い機種をお探しの方はこちら!


・今回のモデルからメモリも8GBになっているので複数のソフトを使う人に最適!

 

・電話サポートがずっと無料や初心者が使いやすいサポートソフトなどが充実しています!

\ 自分好みにカスタマイズしたり、お得なクーポンがある /

>>NECの公式サイトはこちら

2.NECノートパソコン LAVIE PCNS300RA(PC-NS300RA)

型番LAVIE Note Standard PCNS300RA(PC-NS300RA)
OSWindows10Home
CPUAMD Ryzen 3 3200U(2.6-3.5GHz)2コア/4スレッド
メモリー4GB
ストレージSSD(PCIe)約256GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ15.6型(1920*1080)
OFFICEOffice Home and Business2019
  • 高速SSD搭載パソコンで動きがサクサク!
  • Core i3よりも画像処理が得意なRyzen搭載で快適!
  • 顧客満足度も高く、電話サポートやLINEサポートで充実したサポート体制!
  • メモリが4GBの為、メモリを多く利用する作業には不向き
  • 編集ソフトなどがほとんど入っていない
けた
けた

・基本はインターネットやオフィスソフトを利用で、たまに編集とかもしたい、コスパが良い機種はこちら!

・電話サポートがずっと無料、初心者にも使いやすいサポートソフトなどが充実しています!

\ 自分好みにカスタマイズしたり、お得なクーポンがある /

>>NECの公式サイトはこちら

3.富士通ノートパソコン LIFEBOOK FMVA43D3BP(AH43/D3)

型番FMVA43D3BP(AH43/D3)
OSWindows10Home
CPUAMD Ryzen3 2300U (2-3.4GHz)
メモリー8GB
ストレージSSD約256GB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ15.6(1366*768)
OFFICE

Office Home and Business2019

  • 話題のクアッドコアCPU搭載パソコンでインターネットやメールはもちろん写真や動画編集にも最適!
  • 普通に買うと1万5,000円くらいかかる、セキュリティソフト「マカフィー3年版」、文字変換に強い「ATOK」がなんと標準装備!
  • 深さ2.5mmのキーストロークと3段押下圧キーで使いやすいキーボード!
  • 電話サポートが1年間(NECはずっと無料、ダイナブックは5年間無料)
  • 日本メーカーは基本色々なことに対応できるようにパソコンにソフトがいっぱい入っている
けた
けた

・画像処理にが得意なAMD社のCPU「Ryzen3」搭載で高性能!同等CPUの「Core i3」は2コアに対しこちらは4コアなのでおすすめです!

・SSD搭載パソコンでさくさく動きます!

\クーポンやアウトレットもある/

>>富士通の公式サイトはこちら

4.富士通ノートパソコン LIFEBOOK FMVA53D3(AH53/D3)

型番FMVA53D3(AH53/D3)
OSWindows10Home
CPUインテルCore i7-8565U(1.8-4.6GHz)4コア
メモリー8GB(4GB*2)
ストレージSSD(PCIe)約512GB
光学ドライブBlu-ray Discドライブ
ディスプレイ15.6型(1920*1080)
OFFICEOffice Home and Business2019

  • 基本性能が高く高速SSDを512GB搭載で保存も安心、快適操作!
  • 普通に買うと1万5,000円くらいかかる、セキュリティソフト「マカフィー3年版」、文字変換に強い「ATOK」がなんと標準装備!
  • 深さ2.5mmのキーストロークと3段押下圧キーで使いやすいキーボード!
  • 電話サポートが1年間(NECはずっと無料、ダイナブックは5年間無料)
  • 日本メーカーは基本色々なことに対応できるようにパソコンにソフトがいっぱい入っている
けた
けた

・性能も容量も申し分なしの快適機種はこちら!

・セキュリティやATOK(文字変換に強い)も標準装備なので安心快適です!

 

\クーポンやアウトレットもある/

>>富士通の公式サイトはこちら

5.Microsoftノートパソコン Surface Laptop3 15型 VGZ00018/VGZ00039(VGZ-00018/VGZ-00039)

型番Surface Laptop3 VGZ00018/VGZ00039(VGZ-00018/VGZ-00039)
OSWindows10Home
CPUAMD Ryzen5-3580U Microsoft Surface Edition(2.1-3.7GHz)4コア
メモリー8GB
ストレージSSD約256GB
光学ドライブ
ディスプレイ15型
OFFICEOffice Home and Business2019
  • 画像処理が得意なAMDのCPUを搭載でさくさく動く!
  • 初の15インチラップトップモデルで画面が見やすくタッチパネルで快適操作
  • 重さも軽く、高級感あふれるボディ!
  • 保証面が弱い(最長2年保証)
けた
けた

・WindowsメーカーのMicrosoftのパソコンなので安心・快適が人気の秘密!

・充実したパソコンのラインナップから選べる!

6.富士通ノートパソコン LIFEBOOK FMVA77D3(AH77/D3)

型番LIFEBOOK FMVA77D3(AH77/D3)
OSWindows10Home
CPUインテルCore i7-9750H(2.6-4.5GHz)6コア
メモリー8GB(4GB*2)
ストレージSSD約256GB(PCIe)+HDD約1TB
光学ドライブBlu-ray Discドライブ
ディスプレイ15.6型(1920*1080)
OFFICEOffice Home and Business2019
  • 6コアCPU搭載パソコンで画像処理もサクサク!
  • PCIeタイプのSSD搭載パソコンで高速・快適!
  • 普通に買うと1万5,000円くらいかかる、セキュリティソフト「マカフィー3年版」、文字変換に強い「ATOK」がなんと標準装備!
  • 電話サポートが1年間(NECはずっと無料、ダイナブックは5年間無料)
  • 日本メーカーは基本色々なことに対応できるようにパソコンにソフトがいっぱい入っている
けた
けた

最新6コア高性能CPUとPCIeSSD+HDD搭載パソコンで動きがさくさく、いっぱい保存できます!

・使いやすいソフトが充実していてお得感がいっぱいのパソコンです!

\クーポンやアウトレットもある/

>>富士通の公式サイトはこちら

パソコンを買い替えるときの選び方まとめ

パソコン買い換え初心者まとめ

  • >>とにかくパソコンを快適に使いたい→CPU:Core i7 or Ryzen7 メモリ:8GB ストレージ:SSD

  • >>そんなにバリバリ使うわけではないがパソコンは快適なほうがいい→CPU:Core i7 or Ryzen7 or Core i5 メモリ:8GB or 4GB ストレージ:SSD or Optane+HDD

  • >>毎日使うけどパソコンはそんなに速くなくていい→CPU:Core i3 or Ryzen3 メモリー:4GB ストレージ:SSD or Optane+HDD

  • >>たまにしか使わないからパソコン性能は最低限度でよい→CPU:Celeron or E2 メモリー:4GB ストレージ:HDD

今回紹介したパソコンは、主にSSDやOptane(オプテイン)メモリ搭載パソコンです。

今後、必ず主流になっていく機種なのでパソコンをご検討している方やWindows7をご利用の方は、HDDモデルよりもSSDやOptane(オプテイン)メモリ搭載パソコンを選定してください

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

<<パソコン関連記事はこちら>>

NEC2020年春モデル比較記事

富士通2019年秋冬モデル比較記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました