【最新】ブログでキーワードを選定する2つの方法【初心者向けにわかりやすく解説】

BLOG

こんにちは、日々ブログを勉強しているけたです

今回は、私のブログにお越し頂きありがとうございます♪

今回はこのような悩みを解決していきます

なやむ人
ブログのキーワードの選び方が分からない人

・ブログのキーワードの選定方法は?

ブログのキーワード選定の結論から書いていきます。

  • 月間平均検索ボリュームが100~1000のキーワードから選ぶ
  • 実際に検索してみて勝てるかどうか判断する

このあたりを深堀して説明していきます。

けた
けた

ちなみに、私はブログを初めて3ヵ月で複数記事でSEO1位を取ることができ累計収益1万円を達成しました

月間平均検索ボリューム100~1000のキーワードを選ぶ方法

ブログのキーワード選定

どんなキーワードを選べばいいか⇒ズバリ、月間平均検索ボリュームが100回~1000回のキーワードを選べばいい!!

では、どうやってキーワードを選んでいくかをわかりやすく説明していきます。

キーワードを選定する手順は、次の①から④の流れになります。

  • 書きたいテーマを決める⇒『キーワードの選定』
  • グーグル窓で検索してみる⇒どんなキーワードが多いか
  • 関連キーワード取得ツールで検索ワードとYahoo!知恵袋・教えて!Gooを見た中でユーザーが知りたいニーズを知る(どんな内容を書けばいいか)
  • キーワードプランナーを使ってそのキーワードが月間でどれくらいの検索ボリュームを持っているかを知る(どのくらい検索されているかチェック)

①:ブログで書きたいテーマを決める

ブログのテーマを考える

まずは、どんなテーマで記事を書いていくかを決めるところから始めます。

テーマを選ぶときに迷ったら、『数ヵ月前の自分の悩みに対する解決策』を書くことをおすすめします。

例えば、わたしの場合は数ヵ月前に下記のような内容ですごく悩んでいました・・・

  • ブログのアクセスを増やしたい
  • ブログのキーワードって何?
  • ブログって簡単に稼げるの?

けた
けた

こんな感じで、過去の自分というひとりの人物宛てのテーマを選んでいくと書きやすいと思います。

 

なぜなら、経験談だからです

 

次は、実際に自分で検索する場合で考えていきます。

 

②:グーグル窓で実際に検索してみる

キーワードを検索してみる

悩みがあるとき、自分でどんなキーワードをグーグル窓に入れるか思い出してみて下さい。

例で説明します。

なやむ人
ブログのキーワードの選び方が分からない人

ブログのアクセスを増やす方法が知りたい

こんな場合、グーグル窓には『ブログ アクセス』と入れるのではないでしょうか?

このように、検索者の気持ちになって決めることが非常に重要です。

実際に検索してみます。

 

google窓検索

 

すると、どのようなキーワードが検索されているのかが写真のように表示されます。

 

なやむ人
ブログのキーワードの選び方が分からない人

こんなキーワードがよく検索されているんだな!!

まずは、どんなキーワードが検索されているかを知るところから始めます。

 

次は、ツールを使って具体的にどんなキーワードに需要があるのかを調べていきます。

③:関連キーワード取得ツールで検索ワードとYahoo!知恵袋・教えて!Gooを見た中でユーザーが知りたいニーズを知る

ここでは、関連キーワード取得ツールを使って説明していきます。

↑(使ったことない人は上記のリンクを開いてみて下さい)

 

検索キーワードに『ブログ アクセス』と入力してみます。

 

関連キーワード取得ツール

 

②で検索窓に出てきた関連するキーワードが左上のGoogleサジェストに表示されています。

 

さらに、『Yahoo!知恵袋や教えて!Gooで実際に検索されているユーザーの悩み』を知ることができます。

 

なやむ人
ブログのキーワードの選び方が分からない人

このキーワードを検索したユーザーはこんな悩みがあるんだ!これを解決してあげないと♪

ブログはユーザーの悩みを解決できることが一番の目的になります。

この悩みを一番わかりやすく解決することができると上位表示できる可能性がでてきます。

ここをまず理解しましょう!

次は、キーワードプランナーを使って『月間で何回くらい検索されているキーワードなのか?』というところを調べていきます。

 

④:キーワードプランナーを使って月間ボリューム(検索回数)を調べる

検索ボリューム

次は、キーワードプランナーを使って月間検索ボリュームを調べていきます。

簡単に言うと、『1ヵ月でおおよそ何回検索されるキーワードなのか』を調べます。

  • 関連キーワード取得ツールから全キーワードリストをコピー
  • キーワードプランナーに貼りつける
  • 月間検索ボリュームと競合性を見て判断する

キーワードプランナーの手順①:関連キーワード取得ツールから全キーワードリストをコピー

先程調べた関連キーワード取得ツールの図の赤枠部分を全てコピーします。

関連キーワード取得ツール

 

キーワードプランナーの手順②:キーワードプランナーに貼りつける

キーワードプランナーを開いたら、検索ボリュームと予測データを確認するをクリックし先程のキーワードを貼りつけます。

キーワードプランナー①

 

キーワードプランナー②

貼りつけ終わったら、開始します。

キーワードプランナーの手順③:月間平均検索ボリュームを見て100~1000を選ぶ

キーワードプランナー③

上記の写真を元に説明していきます。

  • 過去の指標を選択します
  • ここにキーワードのリストが出てきます
  • 月間平均検索ボリューム⇒月に何回くらい検索されるか
    競合性⇒広告など

初心者は、まず月間平均検索ボリュームが「100~1000」くらいの複合キーワード(複数のキーワードをあわせる)を選ぶことをおすすめします。

複合キーワードとは『ブログ』というビックキーワードに対して『ブログ アクセス』や『ブログ アクセス アップ』などのキーワードをおり交ぜたキーワードのことです。
月間平均検索ボリュームが100~1000のキーワードを選ぶ理由は2つあります。

  • 上位表示しやすい
  • 上位表示されると自信がついて継続できる

 

まず、『上位表示されやすい』理由を説明していきます。

月間検索が比較的少ないキーワードは比較的競合が少ない可能性が高いです。

小さい市場で戦うことで勝率が上がり、上位表示される可能性が高くなってきます。

ちなみに、小さい市場のことを『ニッチ市場』ということもあります。

ニッチ市場とは市場全体の一部を構成する特定のニーズを持つ規模の小さい市場のこと。狭義には、その中でも商品やサービスの供給・提供が行われていない市場とされる。隙間市場ともいう。

出典:Wikipedia

 

 

次に、『上位表示されると自信がついて継続できる』ですがこれは逆を返せば、『上位表示されないと自信がなくなりリタイア』です。

小さな市場でも上位表示でアクセスが増える→自信がついて更に頑張ろうと努力する→継続することで収益が発生する

この流れに持っていくことでブログを長く続けられる可能性があがってきます。

ニッチ市場で戦うために月間平均検索ボリューム『100~1000』のキーワードで記事を書いていきましょう。

実際に検索してみて、勝てるかどうか判断する

競合サイトが強いかチェック

キーワードを決めたら実際にGoogle窓で検索してみます。

検索結果に『企業サイトや公式サイト、とても勝てそうにない競合ブログ』が複数あれば諦めるのもひとつの手です。

逆に知恵袋などが出てきている場合はねらい目です!

キーワード選定まとめ

このように、キーワード選定はブログを書く上で一番重要な部分です。

  • 月間平均検索ボリューム100~1000の市場で上位表示する
  • 上位表示できれば自信がつく
  • 継続できればドメインの力もついて上位表示しやすくなる

けた
けた

全部を100%行うのは難しいですがひとつの指標としてキーワードを選んでいくことでコツをつかみましょう!

この記事を見て少しでもブログ初心者の方のお役に立てれば幸いです!

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました